高校生指導ガイドビデオを作成しました(データ活用)


データを活用してストーリーを描くときに陥りやすいポイントはここだ!

徳島県立富岡西高校(SSH:スーパーサイエンスハイスクール)の生徒たちに、過去数年間にわたり、「データを活用した研究活動」の指導をしています。

ここ1~2年はもっぱらオンラインになってしまいましたが、個別の研究を見る中で、共通的なポイントが見えてきました。

同時に、常日頃指導される先生方からも「指導のポイント」を知りたいという、お悩み相談を頂くことが増え、Youtubeに簡単にそれらのポイントをまとめて収録しました。

https://youtu.be/ENOzCkYMGjw

 この中では4つのポイントとして、以下の点に触れています:

指導ポイント① 全体の流れはできているか

指導ポイント② 「主観」と「客観」が区別されているか

指導ポイント③ 「なぜ」の追求

指導ポイント④ 「一般化」の追求

「データを活用する」という観点では、高校生に限らず、大学生、社会人にも共通しますので、是非ご参考にして頂ければと思います。


関連記事

  1. 横浜国大での英語での授業ビデオを作成しました

  2. 11/22 日経BP主催『仮説立案 実践講座』登壇します!

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.50 (課題指標と分析データはマッチしていますか?)

  4. 高校生向けにグローバルスキルに関する講演を実施

  5. オンライン連載『そもそもデータから答えなんて出てこない』

  6. 今月限りのオンデマンドセミナー東洋経済『実践!データ分析活用講座』

PAGE TOP