実務データ分析虎の巻Vol.17(最初の課題定義で気を付けること:その2)


bnr_toranomaki



 



前回の「明確、具体的な言葉の定義」に続き、「適切な課題設定」に必要なポイントの2つ目は「データで定量的に」です。



 



例えば、話し言葉ではそのままスルーしてしまいそうな「急激に」や「非常に」といった価格的な表現は、データで問題を解く場合には要注意です。



 



人によって、程度の認識が違っていたり、最悪な場合、意図的に大げさに伝えることもあるからです。



「急激」とは2割なのか5割なのか、いつからのことを指しているのか、など数値化できるとこは事前にはっきりさせることで、出発点の課題認識を共有できます。



 



 



『“非常に”売れたといっていたくせに、たったこれだけのことか。』



 



といったオチ になりませんように。



関連記事

  1. 6/3 日経BP主催『課題解決のためのデータ分析入門』8回目開催!

  2. 日経BP主催『仮説立案実践講座』開催 (2/20)

  3. BizZineオンライン連載「「それ、儲かるの?」にどう答えるか―Excelによる利益シミュレーションのススメ 」

  4. 『100万社のマーケティング連載』行動経済学のマーケへの応用

  5. 2018年2月『自治体職員のためのデータ分析の基本』講座に登壇します

  6. 翔泳社主催『Excelによる事業利益シミュレーション基礎講座』(7/30)

PAGE TOP