2022年もどうぞよろしくお願い致します


明けまして おめでとうございます

今年もデータ分析の”知識”や”方法論”だけではなく、活用するための考え方をベースに、アウトプット(成果)パフォーマンスにこだわりぬいたプログラムをご提供させて頂きます。

コロナ禍において、人や情報と物理的に接することが難しくなるばかりでなく、世の中はどんどんオンライン、デジタルの時代に進みます。

その中で、”デジタル”を構成するデータに通じた人材であること、そのような人材を多く抱えている組織であることが勝負に大きく影響すると考えます。

一緒に飛躍の年と致しましょう!


関連記事

  1. 三越伊勢丹様との対談を掲載しました

  2. 横浜国立大学での留学生向け授業ビデオを作成しました

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.63(「それ知ってどうするの?」で見直してみる)

  4. タイの大学で講義実施しました

  5. なぜダイエットが長続きしないのか:宣伝会議『100万社のマーケティング』行動経済学連載!

  6. 2017年は 31社 161日間の登壇実績

PAGE TOP