2022年もどうぞよろしくお願い致します


明けまして おめでとうございます

今年もデータ分析の”知識”や”方法論”だけではなく、活用するための考え方をベースに、アウトプット(成果)パフォーマンスにこだわりぬいたプログラムをご提供させて頂きます。

コロナ禍において、人や情報と物理的に接することが難しくなるばかりでなく、世の中はどんどんオンライン、デジタルの時代に進みます。

その中で、”デジタル”を構成するデータに通じた人材であること、そのような人材を多く抱えている組織であることが勝負に大きく影響すると考えます。

一緒に飛躍の年と致しましょう!


関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.19(最初の課題定義で気を付けること:その4)

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.18(最初の課題定義で気を付けること:その3)

  3. 【なぜ多くのデータ分析研修は”使える”に至らないのか】

  4. 【新潟県燕市長とご一緒に】

  5. Microsoft社とのタイアップ記事

  6. データサイエンティストサミットで基調講演を行いました

PAGE TOP