日経コンピュータ連載『問題解決に導く ファシリテーション術』最終回


日経コンピュータでの”ロジカルファシリテーション”の連載最終回

遂に4回連載の最終回が掲載となりました。 

ファシリテーションというと、皆の意見を引き出して、うまくまとめて終わり。という認識が日本では強いですが、それだけでは参加者の主観を積み上げただけに過ぎず、何ら合理性ある結論を導くことはできないでしょう。

そのために、私の得意分野でもある「データ分析活用」と「ファシリテーション」とを相互に組み合わせて、より客観的で論理的な結論、解決策を皆で導き出せるプロセスと考え方について紹介しています。

今では、企業向けにこの”ロジカル”ファシリテーションのスキルを実践的に見につけて頂くプログラムも提供させて頂いております。

是非、個人スキルに加えて、チームや組織による合理的な合意形成力を高めたい、とお考えの方はご相談下さい。

これからの時代を生き抜くためのスキルだと確信しております。


関連記事

  1. プレスリリース:Zeal社と業務提携を結びました

  2. 9/15『デジタルイノベーションを勝ち抜くためのデータ解析基盤セミナー』基調講演登壇します

  3. データ活用に必要なのは「統計」でも「データサイエンス」ではない、という話

  4. 長岡市「行政のためのデータ活用」講演を行いました

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.11(Excelが分析の足を引っ張るとき?)

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.48 (分析ツールが活かされる条件とは)

PAGE TOP