実務データ分析虎の巻Vol.9(データの組織浸透度を確かめる6つの質問)


bnr_toranomaki



 



 



とあるクライアント様の企業グループに、日々の実務やグループ会社の具体的なビジネス課題に“データを使うこと”を浸透させるサポートをさせて頂いております。



グループ会社を集めたセミナーで、6つの質問に回答してもらいました。



いくつYESがあるかで、データ分析浸透度(活用度)が分かります。



皆様はいくつYESが付くでしょうか。



 



1.自分が日々目で見ていているもの以外も含めた業務の全体像



(プロセスや結果の良し悪し)を把握できていますか?



2.その状況は数字で端的に他人に示すことができますか?



3.問題が起こったときに、見えている現象だけでなく本質的な



要因を特定できていますか?



4.業務のアウトプットを適切な指標で評価できていますか?



5.その評価結果を適切なアクションに結び付けられていますか?



6.今までのやり方を踏襲するだけでなく、世の中や市場の変化に



対応できる(変化による業務への影響を察知できる)仕組みが



できていますか?



 



ほとんどYESが付かない企業も珍しくありません。これら6つ全ての基準をクリアすべくサポートさせて頂くのが私の仕事です。



関連記事

  1. 『あなたの組織がデータを活かせていないワケ』オンライン連載 第3回

  2. note記事『「正しいデータを使う」のはこんなにも難しい、というお話』

  3. Note記事『場所にとらわれない働き方1年やってみてわかった自分なりのポイント』

  4. お金に代えがたいありがたい評価を頂きました!

  5. 日経コンピュータ新連載『問題解決に導く ファシリテーション術』

  6. BizZine連載:なぜデータ分析から「当たり前」の結果しか得られないのか?

PAGE TOP