関電L&A様の幹部候補生育成プログラムの対談をアップしました。


昨年9月から12月までの間、関電L&A(関電グループ)様向けに幹部候補生育成プログラムを実施させて頂きました。



 



ロジカルシンキング的な考え方、議論の進め方を最初のレクチャーし、その後4名のグループに分かれ、毎回のテーマにそって、各グループの結論を導いて発表してもらいます。いずれも、こちらは答えの導き方だけを伝え、自ら頭を使って答えを出してもらいます。そこで答えの出し方と納得感の高い答えを両得してもらいました。



この中で次のものを習得してもらいました:



 (1)ロジカルな課題解決の考え方



 (2)グループでの合意形成の仕方



 (3)各テーマに対する、組織および個人レベルでの気付き、必要なアクション



 



「データ分析」とは別なこのようなプログラムも日産での課題解決、社内改革、そしてファシリテーターとしての経験と実績を元にプログラム提供させて頂いております。



大変好評を頂き、本プログラムを発注頂いた小谷常務との対談を終了後にさせて頂きました。その内容がこちらです。



https://data-story.net/voice/kla/



 



ご要望、ご相談がございましたらご連絡下さい。



よろしくお願い致します。



関連記事

  1. 『日経情報ストラテジー』連載「マネージャのためのデータリテラシー講座」第5回

  2. 『結局、仮説で決まる。』新刊発売です!

  3. 日経BP主催『目的思考のデータ活用術【第2期】』のご案内

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.67(聞こえの良いキーワードに流されない)

  5. 実務データ分析虎の巻Vol.60(相関分析のコツ~“風が吹けば桶屋が儲かる”の相関は厳しい)

  6. 実務データ分析虎の巻Vol.43 (データはいくつ必要なのか?)

PAGE TOP