Biz/Zine連載第4回「制約と闘いながら「抜け漏れ」のないロジカルな分析をする方法


翔泳社Biz Zineというオンライン連載で、「データ分析」をする際の、”考え方”、”視点”などについて、その奥義を毎回紹介しています。



 



第4回の今回は、客観的な「優先度」の付け方についてです。



 



このような内容も含めてセミナーや研修、実務で実際に結果を出すための継続的フォローアップなどでお伝えしています。



職場での実践力を高め、企業のパフォーマンスの出し方を変え続けていますので、お気軽にご相談ください。



 



http://bizzine.jp/article/detail/820



無題ssss



 



 



関連記事

  1. 実務データ分析虎の巻Vol.55(標準偏差の使い道)

  2. 台湾版『上司からYESを引き出す!「即決される」資料作成術 』

  3. データのもったいない使い方~同じデータから立体的に情報を絞り出す

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.53(で、それが分かると何がうれしいのか?)

  5. オンラインインタビュー『「御社のデータ活用」が一向に進まないワケ』

  6. 8/7 多摩大大学院MBA「クリティカルシンキング」の無料体験授業やります!

PAGE TOP