データ活用やデジタル化で何をしたいのか(データ活用全体図)


何のための「デジタル化」「DX」「データ活用」なのか?

データ活用」「デジタル化」「DX」などのバズワードが飛び交っていますが、これらは”手段"であり、その"目的”を明確にする必要があります。

企業や自治体から研修やワークショップ等のご依頼を頂く際に、「何を実現したいのか」という目的をお伺いするように心がけています。
そのときのたたき台として使えそうな図を作成しました。

データ活用全体図(目的確認のために)

図の上に行くほど「目的」を示します。

「デジタル化」も「(業務での)データ活用」や「DX」の一部でしかありません。

「データ分析」を行う目的の確認も重要です。

私がサポートしているの範囲は、赤い矢印で示された部分です。

そして、「データサイエンス」と呼ばれるものの多くは、緑色の「予測」や「分類」です。

流行言葉に翻弄されることなく、目的思考で進められればと思います。


関連記事

  1. 新潟県燕市長のブログに掲載頂きました!

  2. 実務データ分析虎の巻Vol.39(課題定義が全てを決する)

  3. 日経コンピュータ新連載『問題解決に導く ファシリテーション術』

  4. データサイエンティストサミット2014で基調講演をします(11/20)

  5. オンライン記事:新刊『武器としてのデータ活用術』について

  6. 【締切迫る】翔泳社主催『5ステップで進める「データ分析・活用」実践講座【オンライン】』(8/29)

PAGE TOP