実務データ分析虎の巻Vol.69(“恣意的なデータ分析”の悩み)


“恣意的なデータ分析”の悩み

企業研修の中で時々次のような質問を受けることがあります:

 「最初から結論有りきで、恣意的なデータで恣意的な分析をしなければいけないときはどうしたら良いのですか?

 財務省での問題と同じ状況ですね。サラリーマンだった私にもよく分かります。

 
でもここは「データ分析でこれを解決できる」期待は捨てたほうが良さそうです。

 データ分析は、あくまで(正しく行う前提で)客観的な答えを出すことです。

 

その客観的な答えをそのまま出すか否か」は、データ分析の外の話であり、分析者の裁量の範疇です。

データ分析に責任はありませんし、それを解決する魔法のツールでもありません。

 私はいつもこう答えています:

 「それはデータ分析云々の話ではありませんよね。あなたの価値観、生き様、職業観の話だと思います。


関連記事

  1. 翔泳社主催『「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・講座』(1/16)

  2. 地方自治体職員向け「データ分析活用研修」の特集(記事公開)

  3. 7/28 「データ分析」×「ロジカルシンキング」基礎演習・講座やります!

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.56(データ分析力を本当に組織の力にするために何が必要か)

  5. 全てに通ずる『ロジカルシンキング』スキル育成プログラムはいかがでしょうか。

  6. 行動経済学連載 宣伝会議「100万社のマーケティング」

PAGE TOP