SMBC主催セミナー登壇


2月7日、都内で行われたSMBC主催のビジネスセミナー(データ分析セミナー)に登壇しました。



半日だけでしたので、実務で使うデータ分析のエッセンスを駆け足で纏めてお伝えしました。大変高い評価を参加者から頂きました。



いずれも、「もっと深く知る機会が欲しい」という要望が多かったことがうれしかったですね。2時間半だけで話すと、きっとそう感じるだろうなと思いながらやったので、本当にそれが伝わったのだと思います。



 



「もっと知りたい」「やってみたい」といった感情が出てくることが、”使えるようになる”ことの近道だと思います。その意味でも大成功でした。



今回は、特に多くの人が悩む「どうやって課題と分析を結び付けるのか」「仮説はどう作ればよいのか」という、データ分析に繋げるための考え方を深くやりました。



それが本当にヒットした感じです。これからもこの部分を重点としたプログラムも提供していきたいと思います。



IMG_7019 IMG_7027



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



 



関連記事

  1. (2/7) SMBCセミナーで登壇します

  2. 英語でのアクティブラーニング授業(横浜国大)

  3. 実務データ分析虎の巻Vol.11(Excelが分析の足を引っ張るとき?)

  4. 実務データ分析虎の巻Vol.2(組織の中で分析の納得性を高めるもの)

  5. インタビュー記事第2段『高度な統計手法が実務に効果的とは限らない。 最後に物を言うのは、腹の括り方』

  6. 『100万社のマーケティング』で行動経済学の連載開始!

PAGE TOP